アトリエアイシス

手と香りでゆったり時間をうみだす工房 港区三田のアロマテラピープライベートサロン
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - | -
    << 野摘みのアジサイ | main | ジンジャーと筋肉痛 >>

    夏バテ にんにく 栄養ドロボー

    0
       

      4月にお手伝いにいったあかげらの畑で収穫された
      立派な『にんにく』が届きました。

      お手伝いといっても、雨振りで草むしり
      程度しかできなかったのですが

      こんな畑でしたよ。看板の後ろはカモミールジャーマン。
      ルバーブも育ってました。


       



      〜あかげらの会のYさんより〜

      あかげらのにんにくです。
      正真正銘 無農薬のにんにく。

      今年はじゃがいもが全滅、タマネギも半減。
      原因は猿です。
      憎っくき猿ですが、増える一方。
      人間は為す術なし、といった状態。

      その中で猿や猪の被害に遭わずに済むのがニンニク。
      あかげらにとっては唯一の換金作物なので
      猿にやられないのは助かります。


      犬や猫は葱やにんにくに含まれるアリシンを摂取すると中毒を起こして
      しまうのは有名ですが、人間に近い猿も近寄らないのですね。
      知りませんでした。


      早速、オリーブオイルとセージと合わせて鮭のソースに。
      ほくほくで美味しかったですよ〜
      休みの前日は素揚げにして思う存分食べるつもりです。


      あかげらの畑のにんにくは2個入り400円で分けてもらえます。
      ほしい方はお知らせください♪



      さて、暑さでだるいこの季節。
      ちょっと栄養のはなし。

      にんにくが疲労回復にいいと言われるのは

      糖質やたんぱく質から
      エネルギーを作り出すときに
      必要なビタミンB1、B2を豊富に含むため。

      ビタミンB群が不足しているとエネルギー不足のため
      イライラ、集中力の低下、冷え、うつ症状などが起こります。

      ビー足らんは脳足りん♪と言われるほど。

      ビタミンB群が不足していれば、
      せっかくの栄養を垂れ流しているのと同じ。
      いやーーん、、もったいない。


      ビタミンB1は肉類、豆類、玄米など。
      ビタミンB2はレバー、納豆などもにも多く含まれます。
      エネルギー不足で夏バテしないように意識的に摂りましょう。

      そして・・・栄養ドロボー

      つまり大量のビタミンB群を代謝の過程で
      カラダの中から持ち去ってしまう


      砂糖・ブドウ糖加糖液糖・黒砂糖・きび砂糖は極力とらないこと。
      砂糖は色は何色でも代謝におよぼす影響は大差ありません。
      そして大量の白米、うどん、そうめん、パンは避けること。


      私がスィーツ食べないというとぎょっとされ、
      こんなに美味しいものを、、と同情の視線を送られることもあるのですが
      カラダが楽なので全く苦ではないのです。

      これらのものをよくとりがちな夏にエネルギー不足で
      バテるのも納得ですね。

      関東も梅雨明けしました。
      体に良いから食べる、悪いから食べないでは続きません。
      代謝のメカニズムを味方に
      この夏も元気に乗り切りましょう!


      手と香りでゆったり時間をうみだす工房
      アトリエアイシス トリートメントメニューはコチラ
      | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | - | -

        この記事に対するコメント

        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://atelier-isis.jugem.jp/trackback/192
        この記事に対するトラックバック