アトリエアイシス

手と香りでゆったり時間をうみだす工房 港区三田のアロマテラピープライベートサロン
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - | -

    冷えとり始動!

    0



      今日は冷えますね。この秋はじめてリビングの暖房を入れました。アビーも寒かったようで、真っ先に暖かい風があたる場所を見つけまるくなっていました。

      こんな日は部屋でのんびりするのがいちばん。ダージリンを少しの熱湯で濃い目に出して、ミルクと砕いたクローブ、シナモンスティック、金時ショウガ末を加えて小鍋で煮込んでスパイスティに。

      金時ショウガ末は辛味成分であるジンゲロール、ショウガオール含有量が一般のショウガよりも多い金時ショウガを粉末にしたもの。スプーン1杯では辛すぎて飲めないほどですので要注意。ハーブティ、紅茶、スープ、みそ汁、鍋ものなど、何にでも入れることができ重宝しています。

      胃腸が弱い方も冷えが要因となっていることも。外からも中からも冷えとりを心がけましょう。女性は特に排卵日から次の月経までの間は老廃物を溜め込みやすい時期。腰や下腹部を冷やさないように注意し、体の中から暖める食材を意識的にとるようにすると、月経痛がずいぶん違いますよ。

      それでは、丸くなったアビーをお届けしてまた次回!




      | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

      幸せごはん

      0


        なんと、なんと、仕事を終えて帰宅したら友人Oちゃんが、夕飯を作って待っていてくれました〜。忘れかけていたけれど、帰ってすぐご飯が食べられるって素晴らしい。ボスもごくたまに親子丼とか作ってくれますけどネ。

        メニューはさつまいもとおくらが入ったグリーンカレーに、豚バラ&春雨&たっぷり野菜のヤムウンセンそしてパプリカとツナのバジル炒め。研究熱心で、日々学んでいる彼女の仕事はフードコーディネーター。基本がしっかりしてるから、品がよいバランスのいい味!さっそくレシピと注意事項を脳にメモ。お料理上手な彼女を持つ幸せ男子の気分が味わえました♪

        | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | -

        ドーナッツ

        0
           

          残暑厳しく、、、なりませんでしたね〜。夏はいずこへ?
          秋の野菜が心配です。

          ひそかに甘いもの断ちをしていましたが、目黒通りを散歩中、ついつい買ってしまいました。おからと全粒粉のドーナツ。とはいえ砂糖も油もたっぷりですが。プレーンのほか、シナモン、さとうきび、チョコなどをまぶしたものもあり。子どものころ、母が家で揚げてくれた味を思いだします。とびきり美味しいというほどでもないですが、クセになりそうなお味です。

          +はらドーナッツ+

          | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

          お米のこと

          0
            施設からの帰り道、万葉植物園という、15分でひとまわりできてしまうくらいのこじんまりとした植物園に寄りました。万葉集に詠まれている植物を句とともに紹介すると いうコンセプト。ちょうどきび、あわ、赤米、黒米が穂をつけていました。きびとあわってこんな風に実をつけるのですね〜。

            +万葉植物園+

             

            お米といえば、我が家では私は玄米、ボスには白米を炊いています。玄米は胃腸が弱い方やよく噛まない方は消化不良と起こすことがあります。私は圧力釜で炊く とぜんぜん平気、むしろお肌も腸も快調になります。ボスは途端にお腹が急降下しギブアップ。本当はメタボなボスにこそ、ミネラルと食物繊維が豊富な玄米を 摂って欲しかったんですが。。。

            玄米は白米に比べ、ヌカの部分に残留農薬が残りやすいためより品質が重要になります。うちの玄米は友人のお米屋さんから新潟県佐渡島両津産・有機減農薬減化学肥料コシヒカリを買っています。 10年前から生産者と直接契約し仕入れているそうで、安心していただいています。

            圧力鍋に玄米2合、水2カップ+130cc、自然塩ひとつまみ。
            13分加圧して、10分減圧すると、ちょうどよい加減に炊き上がります。



            そして、もうひとついいものを教えてもらいました。



            玄米の素!

            白米に混ぜて炊くと、玄米と同じ栄養素が摂れるという優れもの!うちの胃腸の弱いメタボさんにぴったりです。学校給食への導入も始まったそうです。

            美味しいお米があると、日々の食事がますます楽しみになります♪
            | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

            この暑さでは、、、

            0

              CA380385-0001-0001.JPG

              ここ半年、玄米に切り替えたのでなるべくランチはお弁当にしておりました。でもこの暑さでは少々心配。そろそろ限界でしょうね〜

              というわけで今日はDEAN&DELCAのランチボックスに。
              やはり作りたては美味しい!
              | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

              いい夫婦の秘訣

              0
                 

                名前もかわいい「カルアシチミーのパイ」
                先輩のうちに遊びに行く途中、有楽町のナチュラルハウスに寄ってお土産にしました。天然酵母のパンや焼き菓子の「木のひげ」のもの。中に丸ごとアーモンドが一粒入ってます。他にも「おやゆびトム」とか「エルフの焼き菓子」とか、ネーミングが絵本風。このパイの中にリスがアーモンドを隠したって意味ね!と勝手に解釈して楽しくいただきました〜
                砂糖を使ってなくても、穀物とレーズンの甘さで満足満足。

                新卒で入った会社で鍛えてもらった大先輩も今は2児のお母さん。変わらず底抜けに明るくて、2歳と5歳の男の子もかわいくって、とても癒されました

                「旦那さんがとても忍耐強く子どもと遊んでくれるので本当に助かってる。」と私たちに話してくれた先輩。パートナーを褒めたり、感謝したりって聞いていても嬉しくなる。それを言葉に出す大切さも実感。子どもたちも満ち足りていきいきとしてるもの。

                早速影響を受け、うちのボスに「精神力が強くて性格も穏やかなので、いつも感謝してます!!」と言ってみましたら、まあね、といった顔をしておりました。

                そうそう、一緒に行った友人のお腹の中にも7ヶ月の赤ちゃんがもう男の子ってことも判明してるので、来年はさらににぎやかになっていそうで楽しみ!


                | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | -

                カレー祭り

                0
                   


                  先日のベランダカレーで味をしめ、今度は友人2人を「ベランダでカレー食べない?」と誘ってカレー祭りを催しました。巨匠の写真があがってくるのを待っていたのですが、待ちきれないのでアップしてしまいます。(たぬみーさん、写真お借りしました!)

                  結局、この日は風が冷たかったので、普通に室内で食べましたが・・・

                  テキトーキーマカレー&グリーンカレーは自作。そして田町でそこそこ人気のあるカレー屋『ホーカーズ』の赤いカレーをテイクアウト。ご飯は炊いてあるので、ルーだけわけてもらえませんか?との無理なお願いも、「タッパーを持ってきてくれるならいいですよ〜」と快諾してくれ、その臨機応変さにますます惚れました。

                  最近お友だちになった、たぬみーさんがアビーを捕獲した図。アビーはお客さんがくると超しつこい犬になるのですが、先に主導権を握られ、あっさり降伏。アビー攻略法ここにあり!!

                  たぬみーさんは、ものすごくかわいいスィーツデコを作ってます



                  よく食べて、ほどよく飲んで、楽しい夜になりました。
                  次は何祭りにしようかしら。


                  おまけ。
                  手羽先餃子みたいなたまちゃん。






                  | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | -

                  マクロビクッキー

                  0
                    今日はセミナーに出て直帰だったのでいつもより早めに帰宅。こんな日こそ、とマクロビスィーツの本を参考に白砂糖・バター・卵・牛乳を使わない全粒粉クッキーを焼いてみました。

                    白砂糖は手作りのてんさい糖シロップ。バターはなたね油。乳製品は豆乳を代用に。砂糖とバターと卵を攪拌する手間がないので楽ちんです。先日も「気兼ねなく食べれるお菓子作り」に挑戦していたのですが、オリーブ油を使ったところクセが強すぎて失敗。なたね油は合格点!
                    もう少し試行錯誤して、安定したレシピができたらトリートメント後のお茶請けにお出しします♪






                    セミナーは私が所属するIFA(国際アロマセラピスト連盟)主催のセラピストのためのビジネススタディでした。最後に撮った集合写真。ひさびさの5時間講義、なつかしい感覚を思い出しました。
                    | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

                    そら豆とシャンプー

                    0
                       

                      そら豆の季節がやってきました。我が家ではこんな風に魚焼きグリルで、さやのまま焼きます。茹ですぎる心配もなく、中で蒸されてなってちょうどいい加減になります。と、途中まで書いていたら、去年も同じように紹介してたことを思いだしました→コチラ

                      そうそう、グウィネス・パルトロウが自身のWEBサイトhttp://goop.com/で「市販のシャンプーやローションに含まれる環境有害物質によって赤ん坊や幼い子供たちのぜんそくや癌などの発症率が高まっているそう」というコメントを出して、非難の声が集まっているそうです。

                      発症率が高まっているというデータが本当にあったのでしょうか。(だとしたら見てみたいですが。)かなり極端な発言ではありますが、合成界面活性剤で皮膚の保護機能が弱められることや、単体で発ガン性が認められている成分が使われていることは、すでに多くの人が認識しているのでは・・・?

                      そこまで非難されるのは、影響力のある人の発言はメーカーにとって良くも悪くも売り上げに響くためでしょうね。急激な変化は歓迎されないのなら、消費者が体と環境によいものをつくる企業の製品を購入=投票し、消費者のニーズに合わせて製品が変わっていくことを望みたいですね。
                      | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

                      出したい季節に

                      0
                         

                        春は植物が芽吹くように、肌も冬の間にため込んだ老廃物や毒素を排出する時期。皮脂バランスが崩れたり、吹き出物が出やすくなりませんか?私も、こめかみとあごに小さな吹き出物が出現しました。

                        せっかく体が出そうとしているのだから、すっきり出しきってあげたいものです。春が旬のふきのとう、たらのめ、うどなどの山菜を食べると、苦味成分アルカロイドが新陳代謝を活発にします。やはり旬のものをいただくというのは、理にかなっているですね。

                        ただし、アトピー性皮膚炎や化膿しているニキビがある場合は逆に症状が増してしまうので、注意です。Uゾーンのニキビに悩まされていた10代後半、山菜は痒みと炎症が増大するのでぜったいにNG!とある化粧品メーカーの担当者に言われたことを今でもよく覚えています。近所の薬局で扱われていたものだったのですが、今考えると食生活のアドバイスまでしてくれる良心的なメーカーでした。そこで、シャンプーが敏感肌にあたえる刺激や、オイルクレンジングのまずい点などを知ることになるのですが、その話はまた別の機会に。

                        しかし写真は山菜ではなく、アスパラ、、、でも旬ではありますね。無償に食べたくなったものの南アフリカ産のものしかスーパーになく、スライスして重曹を溶かした水にひたしているところです。20秒程度で表面の農薬が重曹のキレート作用によってかなり落とせるそうです。あまり神経質になってもいけませんが、すごく手間というわけでもないのでやるようにしています。

                        そして、アスパラはベーコン、セロリ、しいたけ、コンソメスープ、生クリーム、チーズと出会ってリゾットになりました。我ながら美味でした!!


                        | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -